タイトル作成編

ブログ記事タイトルの文字数でSEO対策!2020年最新注意点!

ジン
ジン
どうも!当ブログatpedia!管理人のジンです!

ブログを書いていると、タイトルがダラダラと長くなったり、キーワードの羅列タイトルが良く散見されます。

実際にインデックスされた記事を見てみると語尾が【…】となっています。

SEO/SEM対策には必要な最適化があります。

ブログ記事のタイトル文字数の最適化ですね!

グーグル・・・ヤフーなどの検索エンジン・・・

フェイスブック・・・ツイッターなどSNS・・・

それぞれにブログの記事タイトル文字数の表示数が違います。

初心者トアくん
初心者トアくん
結局何文字が正しいの!?

そう、様々な『○○文字が最適だ!』って言う記事が莫大な量あって、そのせいで、本当は何文字が正解なのか・・・という事で悩んでいる人が多かったりします。

今回はそんなブログ記事のタイトルについて解説して参ります。

ブログ記事タイトルの文字数

グーグル・ヤフー・フェイスブック・ツイッター毎に、そして使用している媒体によって表示される文字数は全く違います。

グーグル:28文字

ヤフー:32文字

ツイッター:34文字

フェイスブック:50文字(2行)

※PCの場合※

これらは【…】にならない様に見え方を意識した場合です。

助手ミアちゃん
助手ミアちゃん
あくまでもPCでの表示文字数!スマホだとまた違います。

ブログ記事タイトルの文字数がSEO対策になると言われる理由

ブログの記事タイトル文字数を意識する理由は【表示される文字数】が決まっているから。

良く世間で28文字だ!32文字だ!などと言われる理由はそれですよね。

そんな事は今ではほぼ誰でも知っている事ですが、コレはPCが基準となっています。

初心者トアくん
初心者トアくん
世間一般はPCが基準って事か!

『28文字だ32文字だ』は知っていても、PCが基準となっている事は意外と知らないモノ。

そして基準はやはりグーグルとヤフー。

そんなこの超大手検索エンジンのPCでの表示文字数が28文字と32文字だから世間一般でこの28文字と32文字が認識されていると言う訳ですね。

ブログの記事タイトル28・32文字の常識はもはや過去の遺物?

ブログの記事タイトル28文字と32文字の【当たり前】はもはや古いと言う方が多くいます。

人気アフィリエイター・大物ブロガーがその様な事を語っています。

その理由は何でなのか?

  • スマートフォンでの検索エンジン表示文字数は43文字まで
  • SNSでの表示文字数に合わせる(グーグル・ヤフー検索需要が低下しSNSに流れている)

スマホのブログの記事タイトル表示文字数は43文字

PCでのアクセス数とスマホでのアクセス数は基本的に3倍以上スマホの方が確実に多いです。

ディスクリプション(※①)は100文字ちょいしか表示されないが、タイトルは43文字まで表示されるのです。

ざっくりアクセス平均はスマホ8割・PC+タブレット2割と言われていますので。

【スマホを意識してタイトルを43文字にして記事を作成する方も増えています】

スマホのブログの記事タイトル表示文字数をフェイスブック・ツイッターに合わせる

ブログの記事タイトル文字数28文字・32文字は過去の遺物・・・

もう1つの理由は【SNSの需要の拡大】

その為、SNSを意識したタイトル構築を意識する方も非常に増えています。

2~3年前まではSNSは湖グーグルヤフー検索は海などと言われてきたものの2020年現在ではかなりこのパワーバランスは変わってしまいました。

ですのでSNSの発信力の高さを完全に無視する事は、時代遅れとも言えます。SNSのトレンドの波にうまく乗ればアクセス爆発も望めるからです。

グーグル・ヤフー検索では全くアクセスが望めなかったのにSNSを活用した所、アクセス数が何十倍・何百倍になったというブロガーの方も数多くいます。

この場合SEOを意識したタイトル構築は完全無視!

キャッチーな言葉、クリックしたくなる文言の使用だけを意識して【興味を持たせる】事だけを考えたタイトルで上手くトレンドに乗るとアクセス爆発を普通に狙えると言うSNS活用法。

ツイッター:40文字以内(Safariで最大40文字(2行))

フェイスブック:50文字(2行)

勘違いしてはいけない、初心者はそれでも28・32文字を意識すべき

人気アフィリエイターや大物ブロガーは32文字にこだわってるやつダメだな的な事を言う方がいます。

ですがそれは【人気で大物だから】です。

SEO対策のイロハを熟知している、しっかりとした実力を持っているからです。

そんな実力者は極論何文字でタイトル構築してもアクセスを呼び込めるSEO対策の出来たタイトル、魅力的な文言使いが使えています。

どんな記事を書いてもアクセスが呼び込めるんです。

それを鵜呑みにして初心者が同じように真似してもアクセスは絶対に呼び込めません。

ブログ初心者は全てに対応された文字数を意識すべき

ブログ実践初心者さんはキーワードの選定、タイトルの構築の基礎であるSEO対策などをしっかりと学ぶ為にも32文字以内、欲を言えばどのような媒体にでも対応できるように28文字以内でタイトルを構築できるようになって欲しいです。

この28文字以内で魅力ある文字列とSEO対策がしっかりと考えられたタイトルを常に構築出来るようになれれば人気アフィリエイター・大物ブロガーの様に文字数を意識せずともアクセスを呼び込めるタイトル構築できるようになれます。

そもそもSEO対策を意識したタイトル構築って何?・・・まとめると

初心者が意識すべきSEO対策が何かと言うと。

  • 検索エンジン上位に位置する為のライバルチェック
  • タイトルに含ませるキーワードの選定
  • 選定したキーワードをタイトルに上手く左側に組み込む
  • 魅力あるクリックしたくなる綺麗な文字列のタイトルの構築
  • タイトルの全文が表示される様に構築する

これら全てを意識してタイトルを構築する必要性があります。

検索エンジンはタイトルの左側のキーワードを強く認識するので、特に意識している選定したキーワードを極力左側に組み込む事で検索エンジンの上位を抜ける可能性が増します。

もしも文字数が28・32文字を超えるのならば、特に意識しているキーワードを左側に集め、クリックしたくなる文言を32文字以内に組み込み、そこまで重要でない文字を以降に組み込みましょう。

ブログ記事タイトルの文字数でSEO対策!2020年最新注意点!・・・まとめ

先に結論を言うと、文字数はSEO対策、タイトル構築の基礎が出来ていればそこまで意識する必要はありません。

PCを使用する方は28・32文字以内までに文字数を収められていればベストですが、スマホユーザーが8割程度いると言う事実を鑑みると文字数が10~14文字程度増やしてでもユーザーへの興味を惹くタイトルにするべき・・・とボクは思います。

だからこそSEO対策、タイトル構築の基礎が出来ていれば文字数を意識しなくてもいいんです。

28・32文字(PC)~43文字(スマホ)の文字数以内にはユーザーを意識した文言を使用する。

ユーザーに興味を持って貰うタイトルを構築する出来るかでアクセスを呼び込めます。

グーグル・ヤフー・フェイスブック・ツイッター、さらに全ての媒体にも対応させる為には

【28文字以内にユーザーが検索するであろうキーワードを盛り込む】

それさえ意識すれば、残りの10~14文字で興味を惹く文言を好きに入れれば良い、極論それ以上の文字数になっても良い・・・という事です。

2020年の今から稼げるブログの書き方を学びたい

今回の記事で書いた事が決して全てではありません。

ダラダラと要らない文言をぶち込んだタイトルは28文字以内だろうと100文字(笑)だろうとどっちでも関係ありません。

しっかり基礎を得た上で文字数関係無しと書いているだけです。

ぶっちゃけて検索エンジン上位さえ抜ければ対策も何も関係無いと言いたいだけなんです。

そしてそんなタイトルの中にSNSを意識した文言を組み込めばいいだけって事です。

ネットビジネス初心者の方はボクの無料メルマガ講座からブログビジネスに取り組んで行くと成功の近道です。

無料のブログスタートアップガイドも期間限定でプレゼントしています。

コレだけでゼロから万単位の収益を挙げる方もいらっしゃいますので是非御活用下さい!

それでは今回はここまで!最後までありがとうございました!

ABOUT ME
JIN(ジン)
ちっちゃい頃から起業の事ばっかり考えていた生意気少年。20代半ばでコンビニ経営に乗り出し2年目で3店舗まで拡大。 しかし業界のヒドイ現実につまらなくなって早々撤退。 PC1台でやりたい事で生きて行く術を身に付け再起業。 自分の理想の起業家像を掴み取る。 現在はノマドワーカーとして子供の頃の野望を達成する為の術を発信中。