ビジネス講座

テレワークの注意点と落とし穴!2020年に必要なことを覚えよう

世界で新型コロナウイルスが溢れ、日本でも外出自粛と言う流れからリモートワーク(テレワーク)が浸透し、職場をオフィスから自宅でのリモートワーク切り替えるビジネスマンが増えてましたね。

単純に考えると通勤ラッシュの面倒くさい満員電車も無くなり、嫌な上司関係、嫌な人間関係も無くなり、ストレスフリーな仕事環境になる!。。。と思いがちだが

実はリモートワークはリモートワークで別の新たなストレスを感じる事になるのです。

ボクは以前からネットビジネスの世界に身を置く者ですが、そんな世界にあって様々な人を見てきました。それはリモートワーク(テレワーク)にも全く同じ共通点が多く同様の環境下にあります。

今回はそんなリモートワーク(テレワーク)という日本で一気に浸透したビジネススタイルについてのメリットデメリットや落とし穴などについて解説して参ります。

そもそもリモートワーク(テレワーク)って何??

<strong>初心者トアくん</strong>“></div>
<div class=初心者トアくん
・・・最近良く聞くけどそもそもリモートワーク(テレワーク)って何なの?
<strong>助手ミアちゃん</strong>“></div>
<div class=助手ミアちゃん
リモートワーク(テレワーク)とは政府が推進する【働き方改革】の方法として注目されていた1つのビジネスモデルです。

ざっくり図で解説すると以下の通りです。

リモートワークとはリモート(遠隔)ワーク(仕事)、この2つをくっつけた新しい言葉。

インターネットなど通信技術の浸透により従来の会社のビジネスモデルからネット・パソコンのみで時間や場所に捉われず働く事が出来るビジネスモデルを確立。

会社から離れた自宅やコワーキングスペースなどで仕事をする事などからリモートワークをテレワークとも呼びます。

テレ(TERE)英語の接頭辞にて【遠く】を意味します。テレビジョンで言うテレと同意語。

要するにリモートワークとテレワークの定義は同じ。

総務省・厚生労働省など、地方自治体、行政機関ではリモートワークをテレワークと呼ばれます。

リモートワーク(テレワーク)のメリットとは?

リモートワーク(テレワーク)は在籍会社でなく、自宅・コワーキングスペースといった場所を選ばない遠くの場所で働く事。

メリットで分けるとした場合、企業側、働く側の両方にメリットが無ければなりません。

さてどのようなメリットが生まれるのでしょう?

企業側のメリットは?

①生産性の向上・・・

リモートワーク(テレワーク)導入によって勤務者の労働環境が整う事で、ストレスの軽減、仕事に対するモチベーション低下を防ぎます。イコール生産性の向上に繋がります。

②離職率の低下・・・

リモートワーク(テレワーク)導入によって、出産・育児・介護・病気治療など、通常では休職、退職しなければならない理由のある勤務者もその必要が無くなります。

これにより離職率が大幅に低下、人材流出のリスクも無くなります。

③コストの削減・・・

②により新しい人材を確保する為のコストなども大幅に低下します。

さらにはオフィスの必要性も無くなるのでオフィススペース確保のコスト、その他備品や電気代などの必要経費も不要。コスト低下に繋がります。

④緊急時の事業継続のリスクヘッジ・・・

新型コロナウイルス発生の為にリモートワークが一気に浸透した事から分かる様に、外出自粛時などの緊急事態に大きく有用。

非常事態時でも事業への影響を最小限に抑える事が出来ます。

⑤企業ブランドやイメージアップに繋がる・・・

リモートワーク(テレワーク)導入によって、働きやすい環境を提供しているというイメージ定着により企業ブランドやイメージアップに繋がる、勤務者にとって会社への信頼度も増します。

勤務者にとってのメリットは?

①仕事と生活のバランスが向上・・・

仕事・生活のバランス=仕事と生活の共存。

仕事と生活両方が共存できるという事。リモートワークの導入によって働く場所を選ばなくなります。

職場の場所を気にすることなく田舎で生活・海外で生活をしながら働く事が可能。

理想の生活スタイルを手に入れる事が可能になります。

②仕事・育児・介護・病気の治療などの両立・・・

コチラは企業側のメリットと同じ事が言えます。

出産・育児・介護・病気治療など、通常では休職、退職しなければならない理由のある勤務者もその必要が無くなります。

普通は不可能な仕事とその両方を両立する事が可能。

③通勤の為に必要な時間・ストレスの軽減・・・

リモートワークで働く事により日々の満員電車の通勤のストレスが無くなります。

更にリモートワークを導入した方々の解答にて、日々の家族と過ごす時間、育児の時間など1時間以上増えたと回答しているようです。実際に厚生労働省が発表しています。

リモートワーク(テレワーク)のデメリット

メリットがあるという事は騒然デメリットも存在します。

新型コロナウイルス禍によって浸透しつつあるリモートワークもそれでもまだまだマイナーなビジネス。

その様な新しいビジネスだからこそ起きやすいデメリットも多いです。

企業側のデメリットは?

①勤務者の勤怠の管理が非常に複雑・・・

リモートワークで働く勤務者は当然のことながらオフィスに出社する訳ではありません。

『いつ仕事始めた?』『いつ仕事を終えてた?』『今は在席中?』『今は離席中?』目視で確認は出来ないので勤怠の管理はしっかりとしたシステム構築しないと難しいと言う点があります。

②会議など同じ場所で集まる事が出来ない・・・

会議ツール、ZOOM等の導入で、ほぼ同レベルの会議をリモートワークで行う事は可能です。しかしどうしても実際に同じ場所に集まって会議を開く事でしか得られない事があるなど本当に細かい部分に関する事がZOOMなどのリモート会議ツールでは不可能という方の声が散見されるようです。

この辺りがリモート会議の課題点の1つ。

③仕事の進捗状況の把握が非常に困難・・・

個人やチームで任されたプロジェクトの進捗状況が把握しにくい。

という問題が起こっていると言います。

タスク・プロジェクト管理ツールの導入によって進捗状況の可視化の工夫が必須です。

リモートワーク(テレワーク)の注意点と落とし穴

リモートワーク(テレワーク)のメリットデメリットを解説して行きましたが、さらに注意点や落とし穴が存在します。

それは誰もがリモートワークを実践できるかと言うとそうでは無いという事。

企業に勤めている方、いない方でもリモートワークやネットビジネスなどに取り組もうとしても全ての人が全員取り組めるかと言うとそうでは無いという事です。

『いつでもどこでも働ける!!』

この事だけを魅力に感じている人は要注意です。

誰にも管理されることも無く、自分で自分を律し、さらに自身のパフォーマンスをコミットできるかは、決して誰も教えてくれませんしにも誰にもできません。

頑張って頑張って疲れても『おつかれさま!』『疲れてない?』などの声をかけてくれる人もいません。

さぼる

働き過ぎる

この両極端の2つも自分では分かっていなかったりします。

その事も誰にも注意されません。

この事から分かる様にリモートワークは

【自立した人】

【自己コントロール】

出来る人で無ければ難しいという事が分かります。

リモートワーク(テレワーク)の実態

単に一口にリモートワークと言っても実態には大きく差があります。

日産自動車・ソフトバンクモバイル・日本IBM・GMO・Yahoo!・KDDI・・・などなど

リモートワークを導入していますが、全く違います。

ソフトバンクモバイルでは営業職が中心だったりしますが日産自動車では従業員を対象にしていたり・・・一口にリモートワークといっても様々なジャンルがあるという事。

そして当然現在の状態では導入できない実態もあります。

サービス業や小売業などのリモートワークを導入しにくいジャンルの業種もありますよね。

リモートワークを導入していると言ってもまだまだ日本での実態は表面的。

言い方は良くないですが新型コロナウイルス禍によってリモートワークが浸透するきっかけをもっと上手く活用し、もっと日本でのリモートワーク浸透率が高くなる事を期待したい所です。

テレワークの注意点と落とし穴!2020年に必要なことを覚えよう・・・まとめ

リモートワーク(テレワーク)のメリットデメリット、落とし穴について解説して行きましたがリモートワークは非常に有用な仕事の在り方の1つ。

リモートワークはコミュニケーションの取り方、仕事の進捗状況確認の不透明さなど課題は多く存在しますが、コストや経費削減。

勤務者も仕事場を選ばない、好きな地域に住みながら仕事が出来たり、メリットも多く存在します。

このような自由な働き方=ノマド化をもっと浸透させることで日本の本当の【働き方改革】が一気に進むと思います。

リモートワーク(テレワーク)という働き方は決してを検討されるのは如何でしょうか?

2020年・新しいビジネスに取り組みたい方

リモートワーク(テレワーク)が浸透する中で、当然ネットワークビジネスも注目されています。良く耳にする投資系・YOUTUBE・ブログなど・・・様々なネットビジネスが存在します。

・・・でもそんなネットビジネスって稼げるのか?

そんな風に思うのは当たり前ですよね。

冒頭でリモートワークとネットビジネスには共通点があると言いましたがボク自身が経験しているからこそ思います。

リモートワークと同じく向き不向きがあり、自立した人、自己コントロールが向いています。

しかしそんなネットビジネスは【誰にでも実践が可能です】

<strong>初心者トアくん</strong>“></div>
<div class=初心者トアくん
・・・あれ?リモートワークとネットビジネスは同じなんじゃないの?

・・・実はちょっと違います。

違いとはネットビジネスは正解が1つだけだからです。

テンプレ的な道がありそれを知るだけで誰にでも稼ぐことが出来るからです。

自立した人、自己コントロール出来る方が稼ぎ続ける事が出来るのは変わりませんが、様々な職場で複数の答え、仕事とは違い、ネットビジネスで稼いで行く大筋の軸は1つしかありません。

そんな単純な1つの本質についてはボクの無料メルマガ講座でお話していますので興味のある方は是非購読してみてください。

〇現在お勤めの企業がリモートワークへと変わった。

〇今後リモートワークに取り組む予定。

〇リモートワークに取り組み始めネットビジネスに興味を持った。

このような方には特にオススメしています。

無料のブログスタートアップガイドもプレゼント中で購読にお金は一切かかりませんのでぜひ貰ってくださいね(/・ω・)/+

2020年・これからネットビジネスで稼げる?

長々と語りましたので始めに結論からお伝えします。

2020年の現在からでも結論として・・・

【絶対に稼げます】

インターネットがここまで浸透しリモートワーク(テレワーク)までも普及し始めた時代、ボクは地方のド田舎在住ですが、そんな地方に居ても大都市のお客様とビジネスが行えていますし、ウェブで会議(ウェビナー)、Skypeなどで通話したりしています。

もはや【日本人のコミュニケーションの概念は変わりつつあります】

時代の波にあまりにも遅れてしまうともったいない事ばかりです。

なぜかネットビジネスには未だ良いイメージがありません。

生涯のパートナーを見つける様なネット婚活すらメジャーな時代になぜネットビジネスの世界を避けるのでしょう?

コロナ禍にある世界、そして日本でも影響は受けつつも衰えることなく大きな需要があります。

それはボク自身もそうですしボクに就いて頂いているクライアント様も実際にそうです。

ネットビジネスは正しい知識と正しい実践で必ずお金が生まれる仕組みになっています。

普通の仕事と同じです。

決してボクの思考に共感する必要はありませんが興味のある方はボクの発信している無料メルマガ講座を購読してみて下さい。

ABOUT ME
JIN(ジン)
ちっちゃい頃から起業の事ばっかり考えていた生意気少年。20代半ばでコンビニ経営に乗り出し2年目で3店舗まで拡大。 しかし業界のヒドイ現実につまらなくなって早々撤退。 PC1台でやりたい事で生きて行く術を身に付け再起業。 自分の理想の起業家像を掴み取る。 現在はノマドワーカーとして子供の頃の野望を達成する為の術を発信中。